TOP美作県民局エリアの地名の由来>西粟倉村筏津

地名の由来:筏津

地名の由来

 筏津は西粟倉村の吉井川に面した辺りの地名です。

 そして地名もこの立地と関係しています。
 かつて吉井川に流す筏を組んでいたのが筏津です。

 津という感じには船着き場などの意味があります。
 筏津とは筏が組まれ、流されていった事に由来する地名だと言われています。

筏はなぜ流れる?

 さて、どうしてここから筏を流していたのでしょう。
 昔から林業が盛んだった西粟倉村らしい理由で木材の輸送の為に筏の形にして中継地点まで送ったそうです。
 木だけに筏にして送って、ばらせばまた木材に早変わり…昔の人の知恵ですね。

 また下流で待機する船まで荷物を送る目的でも使用されていたそうです。
 筏津は物流の要衝だったのですね。



 -戻る-

関連リンク


写真:筏津の風景
写真提供:Googleマップ

ページトップに戻る