TOP美作県民局エリアの地名の由来>津山市吹屋町

地名の由来:吹屋町

津山の吹屋

 岡山県の吹屋といえば、高梁市の吹屋ふるさと村が思い浮かぶ方が多い事と思いますが、津山市にも吹屋町が存在します。
 津山市のかつての城下町に位置する地域です。

 津山城の周辺は、かつての城下町の地名が色濃く残されており、職人町だった名前がそのまま残されている場所が多いのですが、吹屋町もその一つです。

地名の由来

 吹くというのは鋳物を作ることに由来する言葉です。
 鋳物を作る際に、ふいごという風を送り込む道具を使って、火力の調整を行います。
 この風を送る作業を『吹く』と呼び、吹く職人が住んでいた地域である事から、『吹屋町』と呼ばれるようになったのです。
 吹屋町と呼ばれるようになる以前は、もっとそのままで職業名から『鋳物師町』と呼ばれていたそうです。

 この地名の由来は、高梁市の吹屋とも同じです。
 津山市の吹屋町は現在、大きなマンションが建ち並ぶなどして、鋳物師の方々が住んでいた頃の面影は残されていません。



 -戻る-

関連リンク


写真:吹屋町の風景
写真提供:googleマップ

ページトップに戻る