TOP美作県民局エリアの地名の由来>鏡野町赤和瀬

地名の由来:赤和瀬

地名の由来

 鏡野町赤和瀬の地名は『赤早稲』から転じた生まれたと考えられています。

 赤早稲は、赤米の一種で、大唐米と呼ばれる品種を育てていた事に由来します。
 劣悪な環境下でも丈夫に育つ事から、庶民向けに広まっていました。

 現在では余り見かける事のない赤米ですが、鏡野町では地名としてしっかり残されていたのです。

自然豊かな赤和瀬

 赤和瀬地区は自然豊かな事で知られています。

 オオサンショウウオが生息し、様々な植物が見られる景勝地『赤和瀬渓谷』の名前で、この地名を知っている方も少なくないでしょう。
 秋には鮮やかな紅葉を楽しみながら、近くの食事処で、山菜料理に舌鼓を打つ…。非常に風情のある地域です。



 -戻る-

関連リンク


写真:赤和瀬周辺の風景
写真提供:Googleマップ

ページトップに戻る