TOP美作県民局エリアの地名の由来>四十曲峠

地名の由来:四十曲峠

地名の由来

 真庭市から国道181号を通って鳥取県へ向かうと、ちょうど県境の辺りに、四十曲峠という峠道があります。
 この峠の名前の由来は、読んだままカーブが多い事です。

 四十(=沢山の意味)ものカーブがある峠…から来るとも、また始終(シジュウ=四十)曲がってばかりの峠道だからということから付けられたとも言われていますが、どちらにしてもカーブが多い道だと言う意味です。

四十曲峠の歴史

 現在でこそ、四十曲トンネルが完成していて、それほど苦なく通行することが出来るようになっていますが、トンネルが出来る以前は出雲街道の中でも指折りの難所として知られていました。
 松江藩も参勤交代の際に利用していたとされるので、大変な行程だった事でしょう。

 しかしかつての旧道は既に封鎖されており、通ることは出来ません。
 比較的、近年までは交通の要衝として車通りの非常に多い道でしたが、現在は多くの車が米子自動車道を通るようになった為、往年のような交通量はありません。



 -戻る-

関連リンク


写真:四十曲峠の道
写真提供:Googleマップ

ページトップに戻る