TOP備前県民局エリアの地名の由来>岡山市南区米倉

地名の由来:米倉

地名の由来

 米倉周辺には『新田』など、かつての開墾の歴史を思わせる地名が残されていますが、米倉という地名もその頃の名残です。
 この辺りはかつて海だったのですが、それが川から運ばれてくる土砂によって干潟となり、やがて開墾されていく過程で誕生したのが、現在の米倉やその周辺地域なのです。

 当時、米俵を運ぶ様子を見た時の藩主である池田忠雄さんに対して、その地域が開墾が進んでいる事を説明したところ、ここも自分の米倉になるんだなぁといった感想を漏らした事が米倉の地名の由来だと伝えられています。

現在の米倉

 米倉は岡山県民にとっては、交通情報で良く聞く地名です。
 国道二号線バイパス周辺(岡山県道21号岡山児島線の交差点)で渋滞が起こり易い為に、夕方過ぎにラジオで流れる交通情報ではいつもこの地名を耳にする事になります。

 田圃も沢山残されていますが、それ以上に交通の要衝として栄えているようで、池田忠雄さんもびっくりされているのではないでしょうか。




 -戻る-

関連リンク


写真:米倉の風景
写真提供:Googleマップ

ページトップに戻る