TOP備前県民局エリアの地名の由来>岡山市中区山崎

地名の由来:山崎

地名の由来

 岡山市中区山崎の地名は、隣接する円山の地名と関係しています。

 元々は葦が茂る原っぱだった地域が開発されて田畑が開かれた地域です。
 当時は円山に属していましたが、後の時代に分離されました。

 山崎の地名が生まれたのはこの時で、円山の前(さき)にある地域ということから、山崎と名付けられました。

歴史

 円山の一部として新田開発が行われたのが江戸時代の初期の事です。

 独立して山崎村となったのが1686年の事です。
 これから暫くの間は山崎村として続きますが、明治に入った後の1889年に周辺の村と合併して富山村を形成しました。

 岡山市と合併したのは、戦後の1952年のことでした。



 -戻る-


写真:山崎周辺の風景
写真:Googleマップ

ページトップに戻る


]