TOP備前県民局エリアの地名の由来>玉野市和田

地名の由来:和田

地名の由来

 玉野市和田地区は、市の商業の中心となる三井造船の社宅など、集合住宅や家が多く建ち並ぶ住宅地としてにぎわっています。
 地名はかつて和田氏と呼ばれる一族が住んでいた事に由来します。

 和田氏は南北朝時代の英雄、児島高徳とつながる一族です。
 玉野市の和田地区に住んでいたと言われる和田氏は児島高徳にとってはおじにあたる一族だったとも言われています。

 同地区内には児島高徳の産湯に使われたとも伝えられる井戸が残されています。
 児島高徳の実在性については議論が分かれていますが、玉野市和田地区は生誕地の候補地の一つなのです。

珍地名・利生

 和田地区には利生という地名があります。
 これはかなりの難読地名で、【オドウ】と読みます。

 近くの山の頂上に地蔵堂があり、そこから和堂(オドウ)となり、文字が転じて和生と変化していったと言われています。
 和生が利生に転じたのは、和と利がよく似た字である為に、公的文書の中で書き間違えられてしまい、それがそのまま地名として定着したとも伝えられています。

 現在は大字としては残されていませんが、かつては利生村という村だった地域です。



 -戻る-

関連リンク


写真:和田の風景
写真提供:Googleマップ

ページトップに戻る