TOP備前県民局エリアの地名の由来>瀬戸内市・牛窓地域

地名の由来:牛窓地域

地名の由来

 牛の窓って何じゃそりゃ?…と、県民が一度は思ったであろう、瀬戸内市牛窓地域。
 地名の由来は日本のエーゲ海とも呼ばれる美しい海で過去に起こったとされる出来事に由来しています。

 日本武尊の第二子である仲哀天皇の妻・神功皇后が牛窓沖を船で航行していた際に、突然現れた牛鬼がその船を奪おうとしました。
 そこに住吉明神が老翁の姿となって現れ、その牛鬼の角を掴むと投げ倒したと言われています。

 そこから、
 牛が転ぶ→牛転(ウシマロビ)→ウシマド→牛窓
 …と、変わり現在の地名になったといわれています。

別の説

 ところで牛窓の地名に関する伝説はもう一つの説がありますが、そちらでも神功皇后が登場し、牛が転ぶ事から…という部分では同じです。

 ただ牛が転ん理由が少し違い、こちらの説では住吉明神ではなく、神功皇后自身の威光に圧倒された牛が転んでしまったというものです。
 どちらにせよ、牛が転んだ伝説が牛窓の地名の由来になっているようです。



 -戻る-

関連リンク

写真:瀬戸内市役所牛窓支所周辺
写真提供:Googleマップ

ページトップに戻る