TOP備前県民局エリアの地名の由来>備前市浦伊部

地名の由来:浦伊部

地名の由来

 備前焼の産地として有名な備前市。
 その中心となる地域といえば伊部ですが、そこへ隣接する浦伊部の地域も、古くから備前焼の生産が盛んだったことで知られている地域です。

 浦伊部とは伊部に対して片上湾に面している地域である事に由来する地名です。

地名の変遷

 かつては伊部に対して下の方に位置するという立地から下伊部という地名でした。
 立地上から、上下左右や東西南北をつけた地名が生まれる事は多く見られる現象ですが、一方の伊部のほうが上伊部などの対となる地名を名乗ったことはないようです。

 中世には、既に浦伊部という地名になっていたそうです。
 明治時代に入ってから、伊部村(現在の備前市伊部)と合併し、更に片上町と合併して、現在の市名の始まりとなる備前町となりました。



 -戻る-

関連リンク

写真:浦伊部周辺
写真提供:Googleマップ

ページトップに戻る