TOP備前県民局エリアの地名の由来>吉備中央町上田東、上田西


地名の由来:上田東、上田西

吉備中央町の地名の由来

 吉備中央町に上田東、上田西という地名があります。
 元々、上田村という一つの村だった地域が、後に東西の2つに分離した際に、東部の地域が上田東、西部の地域が上田西となったものです。

 上田という地名は、高台になっている地域に田畑を開発した事によって出来た地域であることを意味します。
 上に田んぼがある…実は、そのままの地名なのですね♪

対になる地名

 近くに上下や、東西南北のような対になる地名がある場合、何かが基準となって付けられた地名であるケースが多いです。
 今回紹介した上田東、上田西という地名は、旧地名がそのまま残されているので判りやすいですね。

 今回のように一つの村が分かれたケースもあれば、元々一つだったことはなく、川などを起点に川の東、川の西といった形で対になっているケースもあります。
 方位を含む地名を見かけた時は、周辺に対になる地名がないか調べてみると色々な歴史が知れて面白いかもしれませんよ♪



 -戻る-


写真:上田東にあるかもがわ総合スポーツ公園
写真撮影:Googleマップ

ページトップに戻る