TOP備前県民局エリアの地名の由来>和気町津瀬

地名の由来:津瀬

地名の由来

 和気町津瀬は吉井川沿いに広がる地区です。
 地名もこの立地に由来しています。

 津という文字には船が発着する船着場と言う意味があります。
 そして瀬は川辺であったり、流れが急な場所を指す言葉です。

 津瀬は高瀬舟の行き来や、川での漁業で栄えた地域です。
 なのでその地形がそのまま漢字となり、津瀬という地名が生まれたのです。
 

漢字の意味と地名

 地名の意味を探る際に、漢字は大きなヒントになります。
 しかし津瀬のように、現在もそのままの景色が残されている地名もあれば、川が埋め立てられていたり、開発で地名に込められていた意味が失われていたりする事もあるので要注意です。

 それだけではありません。
 奈良時代に好字二字化令というお達しが出た事があります。
 これは地名を縁起のいい文字二文字する事を推奨したものです。
 この指示に沿って、本来の意味が込められた漢字が別の漢字に変えられてしまったケースも有るのです。

 ちなみにこの二字化令は一文字の地名にも影響を及ぼしています。
 大阪の和泉(いずみ)に、読まない【和】の文字がついているのも、二字が好ましいとされた事によるものだそうです。




 -戻る-


写真:津瀬の風景(木々の向こうが吉井川)
写真撮影:Googleマップ

ページトップに戻る