TOP備前県民局エリアの地名の由来>岡山市南区当新田

地名の由来:当新田

新田の地名

 岡山市南区の人口密集地、当新田。
 住宅や学校、お店などで賑わう地域です。

 現在の賑わいからは創造できないかもしれませんが、この辺り一帯はかつて田畑が広がる農業地帯でした。
 そもそも新田という地名は、文字通り江戸時代以降など、比較的近年になって新しく開墾された田畑だった事を意味します。

 ここから近い場所にある古新田は、新しく新田開発が行われた中でも、比較的初期に行われていたという事から付けられた地名です。

地名の由来

 では、当新田とはどういう意味があるのでしょう?

 実は『当』というのは人の名前を意味すると言われています。
 周辺を開墾したのが和気与七郎当庵さんという人物で、当初はその名前から当庵新田と呼ばれていたそうです。

 しかし地名に人の名前を用いる事が許されず、そこで元々呼んでいた当庵新田から一文字を抜いて、当新田と呼ぶ事になったのだそうです。



 -戻る-


写真:当新田の風景
写真提供:Googleマップ

ページトップに戻る