TOP備前県民局エリアの地名の由来>和気町田賀

地名の由来:田賀

地名の由来

 和気町田賀、読み方はそのままタガです。
 タンチョウの飼育が行われている岡山県自然保護センターの所在地の地名なので、そちらで知っている方も少なくないでしょう。

  多賀の地名は、2つの地域が合併した際に出来たいわゆる『合成地名』です。
 かつて田尻と加賀知田(カガチタ)の2つが合併した際に、一文字ずつ取って、多賀です。

田尻と加賀知田の地名の由来

 田尻と加賀知田の地名の由来も調べてみました。

・田尻
 周辺を水田にしていた際、ちょうど水田化する最後の地域が田尻です。
 尻は端っこを意味し、水田の端という意味があったそうです。

・加賀知田
 鍛冶職人が集まっていた地域で、彼らのことを呼ぶ『かなちだ』という言葉が転じて、加賀知田という地名が誕生したと言われています。
 いわゆる職人町だったのでしょうね♪




 -戻る-

関連リンク

写真:田賀の風景
写真撮影:Googleマップ

ページトップに戻る

00.