TOP備前県民局エリアの地名の由来>岡山市北区惣爪

地名の由来:惣爪

地名の由来

  岡山市北区に惣爪という地名が有ります。
 読み方はそのままで、ソウヅメです。

 周辺はかつて海だった場所を埋め立てて造られた土地で、海を惣埋めにした事から惣埋め、惣爪と転じていったと考えられています。

 惣という文字には【全て】の意味があります。
 その為、かつては総爪の漢字も用いられていた事があるそうです。

惣爪廃寺

 惣爪に惣爪廃寺という遺跡があります。

 大きな塔の心礎が残されている事から、周辺の有力者の氏寺であったのではないかと考えられています。
 しかし現在では周辺が水田化されてしまっている事から、遺構は非常に少なく、周辺から瓦の欠片が出土する程度なのだとか。

 国の史跡に指定されています。



 -戻る-

関連リンク


写真:惣爪廃寺跡周辺
写真:Googleマップ

ページトップに戻る