TOP備前県民局エリアの地名の由来>赤磐市石蓮寺

石蓮寺みんなの森

地名の由来:石蓮寺

地名の由来

 赤磐市には石蓮寺(シャクレンジ)という地名があります。

 地名に寺という文字が含まれていることからも判る通り、同盟の寺院が周辺にあったことに由来しています。
 しかす、地名の元となった石蓮寺は、江戸時代の前期に廃寺となっています
 廃寺になった後も地名はそのまま残されたのです。

 現在、『石蓮寺みんなの森』という公園内には、石蓮寺の境内にあった石造十三重層塔が残されています。
 花崗岩で作られた十三重層塔としては、全国でも屈指の規模なのだそうです。

石蓮寺の由来

 地名の由来となっている石蓮寺の名前の由来も現在に伝わっています。

 石蓮寺みんなの森の中にある岩の名前が蓮華岩なのです。
 先に紹介した石造十三重層塔の材料となった花崗岩の巨岩です。

 岩に入っている亀裂が、まるで蓮の花びらのように見える事から、石蓮寺という寺院の名前が生まれたといわれています。



 -戻る-

関連リンク

写真:石蓮寺みんなの森
写真提供:岡山県観光連盟

ページトップに戻る