TOP備前県民局エリアの地名の由来>岡山市東区・瀬戸地域

地名の由来:瀬戸地域

地名の由来

 岡山市東区の瀬戸町は、名前を見ると海に面した港町…そんなイメージが湧きますが、実際は内陸部にある地域です。
 では、どうしてこの内陸の地域に瀬戸町という名前がついたのでしょうか?

 実はそもそもセトは、『瀬戸』ではなかったのです。
 瀬戸町のセトは、山々に挟まれている狭い所の意味で、『狭処(セト)』が本来の意味で、そこへ瀬戸という漢字が後からつけられたのです。

 しかし古墳時代まで遡ってみると、この辺りが海辺だった時期があるようで、今でも周辺の地域に地名として名残が残っているので、こちらも由来に関係しているのかもしれません。

岡山市にある赤磐警察署

 赤磐警察署は岡山市東区瀬戸町瀬戸にあります。
 これは瀬戸町がかつて赤磐郡だった名残です。
 赤磐郡の他の地域は合併で赤磐市になりましたが、赤磐警察署の所在地だった瀬戸町だけが、岡山市へ編入をされた為です。

 合併後も警察署の管轄は赤磐郡だった頃と変更されておらず、赤磐市全域と、岡山市東区の旧瀬戸町のエリアになっているのです。(2014年12月現在)



 -戻る-

関連リンク


写真:岡山市東区役所・瀬戸支所
写真提供:Googleマップ

ページトップに戻る