TOP備前県民局エリアの地名の由来>岡山市南区妹尾

地名の由来:妹尾

妹尾とは

 岡山市南区にある妹尾は、瀬戸大橋線や国道2号線、児島線といった交通の便の良さから市街地のベッドタウンとして賑わう町です。
 かつては妹尾村、妹尾町として独立した町でしたが、1971年に岡山市と合併しました。
 地名としての妹尾(岡山市南区)は勿論、周辺の地域を妹尾地域とも呼びます。

地名の由来

 妹尾の地名の由来を二つご紹介します。

 まず一つ目は、地形に由来するもの。
 かつては妹尾の辺りまでが海岸だったので、瀬の尾(=端っこ)という意味から、妹尾という地名になったという説です。

 もう一つの説は人名に由来するものです。
 それは妹尾兼康という人物で、自らの領地であった妹尾地域へに用水を引くなど、地域の開発に多大なる貢献をした人物です。
 その用水は備中湛井十二ヶ郷用水と呼ばれ、現在でも活用されています。
 そうした貢献へ対する感謝の念を込めて、地域の名前としたのだそうです。

アレもコレも妹尾

 前述の通り、妹尾を含む周辺は妹尾地域と呼ばれます。
 その為、名称に妹尾が入っても住所上は妹尾ではない場所も有ります。
 例えば岡山市役所妹尾地域センターは箕島にあります。
 
 そして妹尾駅も実は妹尾にありません。
 こちらは岡山市南区東畦で、興除地域センターの管轄エリアにあります。



 -戻る-

関連リンク


写真:妹尾駅前の風景
写真提供:Googleマップ

ページトップに戻る