TOP備前県民局エリアの地名の由来>岡山市北区建部町桜

 

地名の由来:建部町桜

桜?

 岡山市北区建部地域に桜という地名があります。
 可愛らしくもあり、また美しい響きの地名ですが、何故に桜なのでしょう?
 周辺で桜の名所といえば、建部の森公園です。
 
桜から近いといえば近いですが、所在地の地名も違いますし、どうも由来とするには違うような気がします。
 …という事で、調べてみました。

地名の由来

 地名の桜の由来は、他の文字が転じて出来たとか、そういうものではなく、文字通り花の桜から来ています。
 しかし、実際に木に花をつける桜ではなく、地域を流れる桜川の谷底へ桜色にちかい花形の模様を持つ岩盤があるという事に由来するのだそうです。

 これが桜石と呼ばれており、地域名の桜も、そして桜川という川の名前も、どちらもそこから生まれてきたものなのだそうです。

桜ずくめの桜地区

 ちなみに桜にある神社も、佐久良(さくら)神社で、祭神は木に咲く花(桜や梅の事)のように美しいと称された『木花咲夜姫命』です。

 何から何まで桜に満たされている、建部町桜なのでした♪



 -戻る-

関連リンク


写真:桜神社周辺
写真:Googleマップ

ページトップに戻る