TOP備前県民局エリアの地名の由来>岡山市東区瀬戸町坂根

地名の由来:瀬戸町坂根

地名の由来

 岡山市東区の瀬戸地域にある坂根は、地形がそのまま用いられた地名です。

 坂根から山を越えて行くと瀬戸町肩脊(かたせ)の方へ抜けていく道があります。
 丁度その道の坂の麓にある事から、坂の根っこが転じて坂根という地名になりました。

 元々は瀬戸町の地名でしたが、瀬戸町が岡山市に編入合併する際に、瀬戸町の名前を地名に残すために瀬戸町坂根と変更されました。

現在の坂根

 地名の由来となっている肩脊への道ですが、現在でも地図で見る限りは抜ける事が可能なようですが、結構な距離が有る上に坂道だったという事を考えると、昔の人はご健脚だったんだなぁと感じさせてくれる地名です。

 参考までにGoogleMapでご覧下さい。



 -戻る-


写真:坂根周辺の風景
写真提供:Googleマップ

ページトップに戻る