TOP備前県民局エリアの地名の由来>岡山市東区才崎

地名の由来:才崎

地名の由来

 西大寺地区の才崎の地名の由来を調べていると、神功皇后の伝説に行き着きました。

 才崎の地名は、厳密には神功皇后自身ではなく、彼女の愛馬に由来します。
 航行の途中に潮待ちをしていた牛窓半島の岬で、鏑矢を打つと言う余興をするのですが、その際に海へ乗り入れるのに使われたのが白鷹という馬でした。

 この馬は余興の後に船に戻るのに失敗して、自分で陸地へ戻っていったのですが、その姿を見た地元の人々が、犀と勘違いして驚いたといわれています。
 サイが上がってきた岬が転じて『才崎』となったのだそうです。

尻海(瀬戸内市)との関係

 才崎の地名は、瀬戸内市の【尻海】と深いかかわりがあります。

 先述のエピソードの馬が陸に上がった際に、その後姿を見た人々が『尻が見えた!』→『尻見』→『尻海』と転じていったと伝えられています。
 さすが神功皇后レベルになると、馬のお尻や勘違いでさえ、地名として残るのですね。

神功皇后とは

 神功皇后とは、仲哀天皇の正妻といわれている人物です。
 夫の仲哀天皇も含めてその実在性は低いと考えられています

 しかし朝鮮半島へ出兵をしたという伝説が伝えられており、彼女がその道すがら立ち寄った場所には様々な伝説や、それに由来する地名などが残されています。
 瀬戸内市の前身の一つである『牛窓町』も神功皇后の伝説に由来するものです。




 -戻る-


写真:才崎周辺の風景
写真提供:Googleマップ

ページトップに戻る