TOP備前県民局エリアの地名の由来>玉野市・大槌島


地名の由来:大槌島

地名の由来

 大槌島の名前は刀鍛冶が使う金槌の形に似ている事に由来します。

 古い伝聞に、ある刀鍛冶が日比の辺りの水は塩分が混じっている為に良い刀が作れず、仕事場を変える際に使っていた金槌を海へ投げ捨てたところ、それが島になったとあります。
 この時に捨てたのは小さい物と大きな物が一つずつで、大槌島のすぐ近くには小槌島(香川県)が存在します。

 その後に別の場所で刀鍛冶を再開したのが、名刀で知られる長船の刀鍛冶だったとも言われています。

伝説の舞台

 大槌と小槌の間の海域を『槌の門』と呼び、竜神がすんでいると伝えられていました。
 岡山市東区にある西大寺の名前の由来ともなった、寺宝の『サイの角』が授けられたのが、この場所です。
 
 またこの大槌島は岡山県側の海域が非常に狭いことを揶揄した伝聞の舞台にもなります。
 それは瀬戸内海に樽を流して、その樽が流れたところを境とするという『樽流し伝説』という物が行われたというもので、その樽を流した場所こそが大槌島だったと伝えられます。
 当初の予定では岡山県側に有利に働くであろう提案だったのですが、時間によって変わる潮の流れによって、香川県側の海域が広くなって、岡山県側は狭い海域した手に入れられなかったというものです。
 ただしこれは海域を皮肉ったもので、史実ではないと言われています。

島の様子

 大槌島は島全体が山になっているために平地が無く、人が全く住んでいない無人島です。
 それ故に、特に施設のようなものはありません。
 昔ながらの自然がそのまま残されている事から山登りの愛好家の方には親しまれており、チャーター船で上陸していく方も多いそうです。

 山の中では登山家の方の目印となる赤いテープ、祠などが見れます。



 -戻る-


写真:大槌島
写真提供:Googleマップ

ページトップに戻る