TOP備前県民局エリアの地名の由来>岡山市北区御成町

地名の由来:御成町

地名の由来

 岡山市北区に、御成町という地名があります。

 これは御成松という松があったことに由来する地名です。
 御成という言葉には皇族や殿様のような偉い方が来るという意味があります。
 地名の由来となった御成松も、その意味から付けられました。

 江戸時代に池田家の殿様が墓所のある曹源寺へ向かう最中、大きな松の木の下で休憩を取っていったそうです。
 この出来事がきっかけとなり、当該の松は御成松と呼ばれるようになり、地名にもなっていったのです。

 当初は門田御成町でしたが、1967年の町区改訂の際に御成町となりました。

現在の御成松

 さてその御成松ですが、残念ながら現存しません
 戦時中に木造船の材料として切られてしまったのです。

 しかし地名の由来にもなった貴重な松なので、後に新しい松が植えられました。
 それが二代目です…が、この二代目の松も松くい虫の被害により枯れてしまい、その後で植え替えられた三代目の松…も、現在には至らず、大雪の際に枯れてしまいました。

 現在は四代目の松が植えられています。
 また松の傍には記念碑も建てられています。


 -戻る-


写真:現在の御成松(四代目)
写真:Googleマップ

ページトップに戻る