TOP備前県民局エリアの地名の由来>玉野市奥玉


地名の由来:奥玉

岡山のオクタマ!!

 玉野には『タマ』もあれば、『オクタマ』もある!

 …これ、本当なんです。
 ただし、別に東京の多摩地区や奥多摩地区に何かしら関係する訳ではありません。

 奥玉の地名の由来は、玉地区』の奥にあるからです。

奥玉の誕生秘話

 玉野市は自衛隊の船や巨大な旅客船までを手がける三井造船の工場がある、いわゆる企業城下町として発展してきてた地です。
 その中でも、特に玉地区は三井造船の工場が置かれている地区で、更に関連する会社なども集中しています。

 その為、造船所の成長に伴って人口が増えてきて、新たに来る人々を受け入れる住宅地を開発する必要が出てきました。
 そこで玉地区の一部を開発して誕生したのが、奥玉地区です。

 かつては幼稚園や小学校もありましたが、造船で栄えた地区だけに造船の不況と共に人口も減少してしまい、現在は元々の玉地区と学校を共有しています。



 -戻る-


写真:奥玉の風景
写真提供:Googleマップ

ページトップに戻る