TOP備前県民局エリアの地名の由来>東区・沖新田由来の地名


地名の由来:沖新田由来の地名

沖新田とは

 岡山県の干拓地である沖新田
 このエリア内には、幾つも数字を含む地名が見られます。
 ○番用水、○番川、そして三蟠九蟠などです。
 これらの地名は全て沖新田の開拓の際に由来します。

 江戸時代へ入り、社会が安定してきていた17世紀当時、日本の各国では干拓による地域開発が盛んに行われていました。
 沖新田もそうした干拓の一つで、池田綱政が土木建設の天才とも言われた津田永忠へ開発を命じて実現したプロジェクトです。

 干拓面積が1918haという圧倒的な規模にもかかわらず、半年ほどで完成という非常にすばやく行われたその秘密こそが、これらの地名の由来なのです。
 津田永忠は工事現場(当時の言葉で丁場)を九つに分けることで、それぞれの競争意識を高め、大規模なこの干拓を非常に短期間で終わらせてみせたのです。

沖新田と地名

 上記の数字を含む地名というのは、当時に仕分けられていたそれぞれの工事現場の番号に由来しています。
 同じように干拓地である岡山市南区~玉野市にかけても、六区(都六区、錦六区)、七区(西七区、南七区)といった地名が残されており、やはりこちらも工事の際の区割りが地名として残っただそうです。

 また、五番、六番、七番、外七番の地域、現在の光津、政津、君津、升田といった地名は、藩主である池田光政の光政、干拓の責任者である津田永忠の津田という名前に由来する地名です。
 このように、
様々な形で干拓事業の名残が地名として残されています。




 -戻る-


写真:九蟠の風景
写真提供:Googleマップ

ページトップに戻る