TOP備前県民局エリアの地名の由来>岡山市南区西高崎

地名の由来:西高崎

玉野にまたがる高崎の地名

 岡山市南区、灘崎地区にある西高崎という地名には、面白い特徴があります。
 隣接する玉野市と境界線を超えると、地名が西から東に変わり、【玉野市東高崎】となります。
 実は高崎だけではなく、紅陽台、七区(それぞれ、岡山市が西、玉野市が東を冠する)といった地名でも見られる特徴です。
 かつて玉野市と灘崎町(現・岡山市南区の灘崎地区)の境界線を引いた際の名残なのでしょうか、なかなか興味深い特徴だと言えるでしょう。

西高崎の地名の由来

 では高崎という地名はどこから来たのでしょう。
 実は、高崎というのは人の名前に由来しています。

 周辺は児島湾干拓の際に出来た比較的新しい土地です。
 そしてその工事に関する様々な諸問題をクリアーして、着工への許可を下したのが、1987〜1900年までの間、岡山県知事を務めていた高崎親章さんです。

 高崎という地名は、児島湾干拓を推し進めた功労者の名前から採られたものなのです。

似た由来の地名

 ちなみに岡山市南区藤田の地名も、非常に似た由来を持っています。

 こちらは民間企業でありながら、国も手を出せなかった大事業を成し遂げた藤田伝三郎さん並びに、彼の率いた会社である藤田組の名前から、藤田という地名にしたのです。
 まさに歴史に名を残す大事業だったのですね♪



 -戻る-


写真:当新田の風景
写真提供:Googleマップ

ページトップに戻る