TOP備前県民局エリアの地名の由来>岡山市北区・オランダ通り

オランダ通り周辺

地名の由来:岡山市北区・オランダ通り

あくら通りの地名の由来

 岡山市北区の表町商店街の横を通る道に愛称として、オランダ通りと名付けられています。
 通りの雰囲気も欧風に作られており、おしゃれな雰囲気の通りです。

 オランダ通りという名前は、かつてオランダ通りの辺りに楠本イネが住んでいた事に由来しています。
 楠本イネはオランダ軍の軍医として日本に来日していたドイツ人医師のシーボルトと、日本人の母親間に生まれた子供です。
 シーボルトが来日した当時は、オランダ人以外は日本に入国出来なかった為にオランダ人と偽っており、その事から楠本イネもオランダおいねと呼ばれました。
 オランダ通りの愛称も、その事に由来しています。

オランダおいね

 オランダおいね事、楠本イネは日本人の女性として初めて西洋の産科を学んだ人物として知られています。
 岡山に住んでいたのも、父の弟子であり岡山で開業していた医師の石井宗謙の下で産科を学ぶ為でした。
 二人の間に子供を身籠るまでの約7年間を滞在していました。

 この時に生まれた子供が、楠本高子という女性です。
 とても美しい方だったので、漫画家の松本零士さんが銀河鉄道999の主要登場人物であるメーテルのモデルにしたとも言われています。

 

通りと筋

 岡山市街地にはオランダ通りの他にも沢山の道の愛称がありますが、実は規則性があります。

 オランダ通りのように『通り』がつけられた道は東西に伸びている道で、道の方向が南北に伸びている場合は、『(すじ)という表現が用いられています

 このルールを覚えておけば、『○○筋のお店』などと言われた時にも、場所を思い浮かべやすいかもしれませんね。


 -戻る-


関連リンク



写真:オランダ通り周辺
写真提供:プランク様

ページトップに戻る