TOP備前県民局エリアの地名の由来>岡山市・吉備の中山、境目川

吉備津神社

地名の由来:岡山市・吉備の中山、境目川

霊山・吉備の中山

 岡山市北区の、標高175mほどの山の集まりを『吉備の中山』と呼びます。

 古来より神の宿る山として信仰を集め、備前国の一宮(かつての国の範囲の中で最も格式高いとされる神社のこと)である吉備津彦神社、備中国の一宮である吉備津神社もこの中山の麓に建てられています。
 山の中には吉備津彦命の墓であると推測されている『中山茶臼山古墳』もあります。

 古今和歌集において『真金吹く 吉備の中山 帯にせる 細谷川の音のさやけさ』と詠まれており、古くから信仰され、広く知られていたことが判っています。

吉備の中山の地名の由来

 吉備の中山はかつての吉備の国(現在の備前、備中、備後、美作地方)の中央辺りに位置しているそうで、そのことから『吉備の中山』と呼ばれるようになりました。

 また鯉山(リザン)の別名もあります。
 これは遠くから見た山容が、鯉の泳いでいる姿に似て見えるということから付けられた名称で、地元の小学校の名前等に使用されており、現在でも親しまれています。

境目川の地名の由来

 吉備の中山を流れる川に『境目川』があります。
 文字通り、吉備の国が分けられた際に、備前の国と備中の国の国境となった川です。

 神が宿る山と信じられてていた霊山なので、分割される際には備前も備中も、中山を自分の国に欲しがったと言われています。
 そこで争いを避けるために、吉備の中山を二等分するように流れている境目川を国境にすることで解決したのでしょう。



 -戻る-


写真:吉備津神社
写真提供:プランク

ページトップに戻る