TOP備前県民局エリアの地名の由来>岡山市中区中井、清水

地名の由来:中井、清水

中区の水の名所地名

 岡山市中区にある雄町はかつて岡山藩池田家の御用水であり、現在でも環境省が選出した名水百選に名前を連ねる美しい水で知られています。
 そのすぐ近くにある地名である『中井』、『清水』も、同様に美しい水で知られた場所です。

 まず中井は井筒(井戸側)が川の中にあった事に由来します。
 川の中に井戸がある…略して中井ですね。
 木村拓哉さんが略してキムタクと呼ばれているのと同じですねー。(違う)

 次に清水ですが、こちらは文字の通りいい水が湧き出るから清水です。

なぜ水の名所が集中してるの?

 どうしてこの辺りの水は名水と呼ばれるのでしょうか?
 実はこの辺りは旭川の伏流水が湧き出ている場所なのです。

 伏流水とは川底の砂などの中で浄化されながら流れている水(上を流れる水を表流水とも呼びます)の事で、岡山市に限らず、伏流水が出る場所は全国各地で名水と呼ばれる素晴らしい水を生み出しています。



 -戻る-

関連リンク


写真:中井周辺の風景
写真:Googleマップ

ページトップに戻る