TOP備前県民局エリアの地名の由来>玉野市胸上


地名の由来:胸上

地名の由来

 玉野市の胸上地区は漁港として栄えている地域です。
 間違えて『胸上げ』と検索した際に、女性って大変だな…と、僕の知らない世界を見せてくれた地名ですが、そんな失礼なことを言ってはいけない古い歴史のある地名です。
 胸上には神功皇后が新羅へ出兵した三韓征伐の帰りに立ち寄ったとの伝説があります。
 そして、飯盛山から胸上周辺の海を見渡して胸が晴れるような良い景色だと褒め称えたと伝えられています。
 それが転じて、現在の胸上の地名となったそうです。

神功皇后とは

 地名の由来となった神功皇后は、仲哀天皇の正妻です。
 朝鮮への出兵などのエピソードで知られる人物です。

 実は夫婦共に実在性が低いと考えられている人物ですが、胸上以外にも立ち寄ったと去れる寄島や、航行の途中のエピソードが地名となった牛窓などもあります。

 県内外でも彼女に関するエピソードは全国各地に多く存在します。
 実在の人物であったかどうかは、議論が続けられており、実在の人物であるとする説、実在はしなかったとする説、実在の別の人物のエピソードが組み合わさって作られた人物であるとする説などがあります。



 -戻る-


写真:胸上八幡宮
写真撮影:岡山の街角から

ページトップに戻る