TOP備前県民局エリアの地名の由来>岡山市北区門前

地名の由来:門前

地名の由来

 岡山市北区に門前という地名があります。

 門前とは寺社の前であったり、周辺の近い地域のことを指します。
 寺社を中心に栄えた町のことを門前町と呼びますが、岡山市北区門前の地名もこの意味でつけられた地名です。

 生石神社の周辺に人が集まり、集落が形成された事から門前と名付けられたのです。

足守川取水口跡

 門前には【足守川取水口跡】という史跡があります。
 これは備中高松城で豊臣秀吉が行った奇策、水攻めの際の取水口だったとされる場所です。

 かつて備中高松城を攻めあぐねていた豊臣秀吉は、周辺に堤防を築き、そこへ足守川を堰きとめて水を流しこむことで備中高松城を陸の孤島にしてしまいました。
 これによってついに観念した備中高松城の清水宗治は切腹することになります。

 この奇策の為の取水口だったとされるのが、門前の辺りだったのです。



 -戻る-

関連リンク


写真:足守川取水口跡
写真:Googleマップ

ページトップに戻る