TOP備前県民局エリアの地名の由来>岡山市中区海吉

地名の由来:海吉

地名の由来

 岡山市中区にある海吉は、難読な地名として知られています。
 パッと見ると『ウミヨシ』、『ウミキチ』かと思ってしまいますが、この地名は『ミヨシ』と読みます。

 海に吉だから、海運を願った瑞祥地名(縁起のいい言葉を使って作られる地名の事)かと思ったら、実は複数の地名が合わさって出来た合成地名でした。

 海吉は『海面村』と『福吉村』が合併した際に生まれた地名です。

海面村と福吉村の地名の由来

 この辺りは干拓地で、海面村はかつて海岸辺りに位置した地形を由来とする地名で、福吉村は村の繁栄を願った瑞祥地名だといえるでしょう。
 1875年に二村が合併した際に、それぞれから一文字ずつとって『海吉』としたそうです。

 合成地名は、対等な合併の際に、古い地名が平等に残るように選ばれる事が多い手法ですが、海吉のように元々の由来が判りづらくなってしまうのが難点ですね♪




 -戻る-

関連リンク


写真:海吉周辺の風景
写真:Googleマップ

ページトップに戻る