TOP備前県民局エリアの地名の由来>岡山市北区真星

 

地名の由来:真星

地名の由来

 岡山市北区の真星の地名は、まさに星に由来する地名です。

 この地に星が落ちたという伝説があり、それが地名となったのです。
 星が落ちたとされるのが白雉年間(650年~654年)と伝えられています。

 現在でも星神山にはその伝説に由来する神社があります。そしてこの神社には星が落ちた頃の様子などが克明に伝えられています。

星神社

 地名の由来にもなった流星の伝説が伝えられているのが、星神社です。

 夜に急に周囲が光り、地響きが起こったとされています。
 おそらくこれが星が落ちてきた様子なのでしょう。
 この出来事から、なんと35日もの間に亘って山頂は雲に包まれ、光を発していたそうです。

 その光の正体こそが星で、なんと3つの星だったそうです。
 星を祀れば村の繁栄につながるとされた事から、神体として祀って出来たのが星神社です。


 -戻る-

関連リンク


写真:星神社
写真提供:Googleマップ

ページトップに戻る