TOP備前県民局エリアの地名の由来>岡山市北区中牧、下牧

 

地名の由来:中牧、下牧

下牧、中牧の地名の由来

 岡山北区に下牧中牧という地名があります。
 こういった位置を示す地名が近い位置にある場合、何か中心となる物があるはずです。

 下牧と中牧の場合、【牧】を中心に、中心が中牧、下が下牧ですね。
 では『』とは何を意味しているのでしょう?

 実は【牧】というのは『牧山』の事です

牧山の地名の由来

 牧山の名称は現在でも駅名や学校名等で見る事が出来ます。
 岡山藩の狩場があった事から、牧山と呼ばれていたもので、その牧山の中央部にあるのが中牧、その中で下流域の地区が下牧と呼ばれるようになりました。

 このように地域を分ける中で、元々の呼称が失われるケースはままあり、例えば旧国名の備前、備中、備後も、吉備の国を三つに分けた際に生じた地名です。


 -戻る-

関連リンク


写真:牧山駅周辺
写真:Googleマップ

ページトップに戻る