TOP備前県民局エリアの地名の由来>岡山市北区京橋町、古京町

京橋朝市

地名の由来:京橋町、古京町

京橋町の地名の由来

 岡山市の市街地から少しの場所にあるのが京橋町です。
 月に一度(12月は2度)行われる京橋朝市の賑わいでも知られる地域です。

 地名の由来は、京橋がかかっている地域である為です。
 上の写真の右奥の方に見える橋がそれで、車だけではなく路面電車も通っています。

 ちなみに、【京橋】という橋の名称の由来は現在の古京町の辺りにあります。
 古京町については、次の項目で説明します。

古京町の地名の由来

 元々、京橋と呼ばれる橋が架かっていたのは古京町です。

 最初は単に大橋と呼ばれていましたが、当時の古京町の辺りは大阪や京都から誘致した商人の呉服屋などで賑わう町でした。
 それに伴い、町の名前は京町へ、橋の名前は京橋へと変化していきました。

 しかし城下町の整備に伴い、京橋は現在の位置へ移転させられることになりました
 この際に元々の京橋は古京橋へ、京町古京町へと名称が変更になりました




 -戻る-

関連リンク


写真:京橋朝市
写真提供:岡山県

ページトップに戻る