TOP備前県民局エリアの地名の由来>岡山市中区倉富

地名の由来:倉富

地名の由来

 岡山市中区のトラックターミナルがある辺りの地名が倉富です。

 岡山藩主の池田綱政の時代に干拓された新田だった地域で、現在でも田畑が多く見られます。
 地名もその事に関連し、新田開発により米倉(米を貯蔵する為の蔵)が富む事を願ってつけられた、いわゆる瑞祥地名です。
 同じように干拓された地域に倉田、倉益があります。

 倉富の命名をしたのは、新田開発を主導した津田永忠です。

瑞祥地名とは

 瑞祥地名とは演技の良い意味を込めた地名のことです。
 倉富の例で言えば、米倉が富むように祈りを込めてつけらたように、新しく誕生した地域の繁栄を願ってつけられる地名す。

 全国的に多い例で言えば、新しく開梱した田畑が実り多くなるように吉田としたり、町などが栄えるように栄町としたり…というケースがあります。


 -戻る-

関連リンク


写真:トラックターミナル方面
写真:Googleマップ

ページトップに戻る