TOP備前県民局エリアの地名の由来>岡山市の区名


地名の由来:岡山市の区名

選定方法

 岡山市の区名は四区あり、全てが方角を意味する名称になっています。これはどのようにして決められたのでしょうか?

 まず市民に限らず県外の方も応募できる形で、区名の候補を募りました。
 この時、区になるそれぞれの地域に不公平にならないための制限が加えられています。
・地域内の特定の地名(例:旧市町村名や、大字になっている地名など)
・中央区(響きから、他の区より重要な区のように聞こえる為)
 
 そして応募された中の上位を選出し、市民調査を行いました。
 この結果、現在の北、南、中、東の区名が他の候補よりも圧倒的な支持を得た為、そのまま区名が確定しました。

他の候補

 ちなみに選ばれはしなかったものの、人気を集めていた他の区名候補もご紹介します。(人気1位は現在の区名です)

・北区の候補(以下、人気順)
 桃太郎区、緑区、 旭区、岡北区、旭川区

・中区の候補
  さくら区、操山区、旭区、 城東区

・東区の候補
 城東区、岡東区、吉井区、吉井川区

・南区の候補
 岡南区、港区、児島区、西区

区名を考える

 色々と候補がある中で、方角区名が人気を博したのは岡山県民らしい気がしますね。
 上の候補はランキングの2位以下に当たりますが、どの候補も1位との差は最低でも5,000票以上は離れており、惜しくも選ばれなかったというわけではありません。
 区名がシンプルすぎると揶揄される事も少なくありませんが、それぞれの住民からは高い支持を受けて選ばれたといえるでしょう。

 ただし旧市町村名が使えれば、東区は西大寺区になっていたのではないかという予想をされている方も少なくなかったですし、区の数がもう少し分散されてい れば、また様子も違ったでしょうし、決まった枠組みの中でなら方角で良い…といった意見で、現在の区名になったという部分もあるのかもしれません



 -戻る-

関連リンク



写真:岡山市周辺の地図
写真:Googleマップ

ページトップに戻る