TOP備前県民局エリアの地名の由来>赤磐市光木

地名の由来:光木

地名の由来

 赤磐市に光木という地名があります。
 読み方は【コウキ】で、周辺を山々に囲まれた細長い地区です。

 光る木という意味深な地名なので、何か言い伝えでもあるのかと思いきや、実はこれは合成地名です。

 光木の地名が生まれたのは1875年の事です。
 塩木村と来光寺村という2つの村が合併し、その際にそれぞれから1字ずつ採って光木という地名にしたのです。

赤磐と合成地名

 余談ですが光木のある赤磐市も合成地名で生まれた地名です。

 赤土が出る坂の多い地形で赤坂の地名が生まれ、岩が多いことから磐を生すで磐梨の地名が生まれたました。

 そしてこちらも1字ずつ採って赤磐の地名が生まれたのです。



 -戻る-

関連リンク

写真:光木の風景
写真提供:Googleマップ

ページトップに戻る