TOP備前県民局エリアの地名の由来>岡山市北区首部

 

地名の由来:首部

地名の由来

 岡山にもコウベがある!
 …というと、かつて神戸の商人を集めたとか、神戸の人たちが集団で移住していたとか、そういった由来を考えそうですが、実は字が違います。
 岡山のコウベは『首部』と書きます。

 この地にある白山神社には誰かの首が埋葬されているという『首塚』が存在します

 首部の地名の由来となるのも、この首塚で、首があるところといった意味合いになるようです。

首の行方

 首塚の首は古い言い伝えでは、岡山に伝わる『温羅伝説』の温羅のものだとされていますが、もしその通りだとすると、既に首部に首はないことになります。

 吉備津彦命との戦いに敗れた温羅は、首をはねられて、晒し首にされました。
 それが現在の首塚のある場所ですが、首だけになった温羅は唸り声を上げていたのです。
 首を犬に食わせてもまだ唸り続け、首を吉備津神社(御釜殿の下)へ移してもまだ唸り続けていたのです。
 そんなある日、自分を倒した吉備津彦の夢に出てきた温羅は、自らの妻の娘に御供え物を炊く神事をさせるように言いました。

 これは現在でも吉備津神社に伝わる鳴釜の神事の起源とされています。
 釜から鳴る音の具合で、願い事が叶うかどうかを占うものですね。
 ところで白山神社の首塚には、別の戦での戦没者の首だという言い伝えもあります。
 結局のところ、誰の首なのかは歴史のミステリーといった具合でしょうか。



 -戻る-

関連リンク


写真:首部周辺
写真:Googleマップ

ページトップに戻る