何気なく呼んでいる地名の由来、見つけました。

    地名の由来:吉備中央町北

吉備中央町豆情報

吉備中央町:2004年10月1日誕生
旧・賀陽町
旧・加茂川町
町の木:アカマツ
町の花:ツツジ
町の鳥:ウグイス

関連HP:吉備中央町公式HP

写真:googleマップ
 北の地名の由来
 僕は一文字の地名の持つインパクトが好きです。
 …という事で吉備中央町の北。

 北。
 何の北になるのでしょう、ちょっとワクワクしますよね。

 地名からすると町の北部かな?と思いますが、吉備中央町の中でも、吉備中央町になる以前の賀陽町を見ても、どちらかといえば南部に位置する地域です。
 では、何をもって北としているのか…というと、古代まで遡って、加夜郡日羽郷の北に位置するという事に由来します。

 時代の流れの中で、地名が北のまま、自治体の中では北ではなくなっていった為に起こった現象なんですね♪

 方位地名の楽しみ
 方位のつく地名は日本中、様々にあります。
 今回の北のように、一定の地域の中での東西南北を示す地名もあれば、倉敷市の川西町のように、川の西という意味で用いられる事もあります。

 また一つの地域が二つに分かれる際に、西○○、東○○といったついになる地名が生まれることもあります。
 それ以外にも現在は埋め立てられたり、開発で失われたりした川や丘などとの位置関係から生まれた地名も存在します。

 何の北なのか、何の南なのか…という事を調べていくと、その地域の歴史を知ることが出来るかも知れませんね♪
 
 

- 戻る -

ページのトップへ戻る