TOP備前県民局エリアの地名の由来>金甲山(玉野市、岡山市)

金甲山からの風景

地名の由来:金甲山

地名の由来

 金甲山の名前は、坂上田村麻呂という人物に由来します。
 後に征夷大将軍にも任命されるなどした平安時代の武士で、全国各地でさまざまな伝説が残されている人物です。

 桓武天皇から由加山に出る鬼を退治するために派遣された際に、当時の児島では霊山として名高かった金甲屋山を訪れて武運を祈ったと伝えられています。
 そして金で出来た兜(甲)を奉納したのだそうです。
 この事から、この山は金甲山と呼ばれるようになりました。

 それ以前は霊山として崇拝されていた事から、『神の峯』と呼ばれていたそうです。
 その場所とされるのが頂上にある祭祀遺跡・神籠石の辺りだと言われています。

かつての観光地

 金甲山と言えば、かつては立派な観光地でした。
 レストランやお土産売り場があり、近くまで観光バスが乗りつける…そんな場所でした。
 現在では少し寂れてしまったものの、展望の良さから多くの観光客が集まる景勝地です。

 また、電波塔がある場所として知られています。
 岡山県と香川県はテレビ局を共有していることもあり、中四国では随一の規模を誇るTV、FMの送信所なのです。



 -戻る-

関連リンク


写真:金甲山からの風景
写真撮影:岡山の街角から

ページトップに戻る