TOP備前県民局エリアの地名の由来>岡山市北区川入

地名の由来:川入

地名の由来

 岡山市北区川入りという地名があります。

 これは足守川の支流が入り込んでいた事に由来します。
 川が入り込む…で、川入。
 現在、西部を流れる足守川から川入へ入り込む支流は見当たりません。

 地名にのみ、古い情景が残されているのですね。

川入とイヌカイ

 岡山市北区川入には、総理大臣在職中に五・一五事件で倒れた犬養 毅の生家があります。
 犬養家は元々は犬飼の漢字を当てられており、当地の大庄屋でした。

 生家は現在、国の重要文化財に指定されています。
 その建物の隣には、犬養 毅の功績を讃え、遺品などを展示する犬養木堂記念館が公開されています。(※犬養木堂号で、犬養 毅の自身の事)


 -戻る-

関連リンク


写真:川入の風景
写真:Googleマップ

ページトップに戻る