TOP備前県民局エリアの地名の由来>岡山市北区御津勝尾

 

地名の由来:御津勝尾

勝尾の地名の由来

 御津地区の端に位置する、御津勝尾。
 元々は御津町に属する勝尾という地域でしたが、岡山市と合併することになった際に、旧町名の御津を冠して御津勝尾となりました。

 勝尾の地名は同市内の御津金川にあった金川城に関連しています。
 地域内には勝尾峠という道が続いているのですが、この道は金川城の戦略上、とても重要な場所に位置しており、勝尾というのも、戦勝を願ったか、祝った事による地名だと言われています。

 ちなみに金川城は江戸時代に入って廃城になっており、建物はありませんが、石垣や堀切などが残されています。
 

金川城と備前の梟雄

 金川城は堅牢な山城で、築城から300年余り、一度も落城することはなかったそうです。
 しかし戦略家として知られる宇喜多直家に攻められた際に、とうとう落城しました。

 宇喜多直家に攻め込まれた際の城主は松田元賢という人物でしたが、この人の奥様はなんと直家の娘でした。
 つまり、姻族ではあるものの、親戚…それも義父に攻め込まれたのです。
 尚且つ、直家は家臣の一人を懐柔して、より確実に勝利できるように根回しまでしていました。

 宇喜多直家が梟雄と呼ばれる所以の一つとなった出来事です。


 -戻る-

関連リンク


写真:御津勝尾周辺
写真:Googleマップ

ページトップに戻る