TOP備前県民局エリアの地名の由来>備前市東片上、西片上

地名の由来:東片上、西片上

地名の由来1.東片上、西片上

 備前市の中心部である西片上、東片上は地名からも判る通り、元々は一つの片上という地名が東西に分かれて出来た地名です。
 当初は一つの片上という地域で、東西の片上に別れ、後に片上町を形成、更に伊部町と合併した際に、現在の備前市である備前町となりました。

 地区の南側が海と面しており、古くから港町として賑わっていた地域です。
 現在でも商業施設が集中する他、市役所の所在地でもあります。

地名の由来2.片上

 片上の地名の由来は、元々干潟の上の方に開けていった地域である事に由来しています。
 古くは、潟上という文字が当てられており、現在よりも地名の歴史がダイレクトに反映された形になっていました。

 片上という漢字で固定されるようになったのは、江戸時代に入る少し前の事で、それまでに文字が何度か転じており、読み方は同じで潟神などと書いていた時期もあったそうです。



 -戻る-


写真:備前片上駅周辺
写真提供:Googleマップ

ページトップに戻る