TOP備前県民局エリアの地名の由来>岡山市北区神田町

 

地名の由来:神田町

地名の由来

 岡山市北区神田町は、住宅地や学校が近隣にある他、岡山市の中心市街地にも近いこともあり、様々なお店が出店しており、とても賑やかな地域です。

 田という地名がついている通り、この辺りは農業が盛んな地域でした。
 現在でも多少の田畑はみられますが、盛んとは言えず、寧ろ住宅地としてのイメージが強いのではないでしょうか。
 そして神というのは、『富田八幡宮』がある事に由来します。
 神社のある農業地帯…、それが神田町の地名の由来です。

神田地名

 岡山市以外にも神田という地名は全国に見られます。
 神田というのは、寺社の収入となる田畑(領田)の事なので、神田(寺田)といった地名が残されている場所は、神社が所有していた田畑があった地域である可能性が高いです。

 岡山県内にも倉敷市に神田の地名があります。
 こちらは亀山神社の神田があった事に由来する地名です。



 -戻る-


写真:富田八幡宮周辺
写真:Googleマップ

ページトップに戻る