TOP備前県民局エリアの地名の由来>岡山市東区金田

地名の由来:金田

岡山のカナダ!!

 これまで、岡山にはコウベがある!!とか、岡山にもミトがある!なんて、ネタを披露してきましたが、ついに今回は国外進出です!

 岡山にはカナダがある!!

 …はい、岡山市東区金田です。
 古くは浅瀬が広がっていた地域が江戸時代に干拓されて出来た地域です。

地名の由来

 言うまでもありませんが、岡山市東区金田と、外国のカナダとは全く関係ありません

 先述の通り、金田の辺りは元々浅瀬が広がっていました。
 それが干拓されて農地とされたので、隣接していた金岡の新田という事から、金岡新田という地名になりました。
 それが後に略され、金田とされたのが、現在の地名の起源です。

 岡山市に編入する以前は、西大寺市に属していた為、数年間だけ旧市名を関して【西大寺金田】の地名を名乗ったこともありました。
 これは西大寺の名前を残す為でしたが、後に岡山市と同じ又は似た地名がある場合や、西大寺の中心部付近の一部地域以外は、西大寺の名前を外して、現在に至ります。



 -戻る-

関連リンク


写真:金田周辺の風景
写真提供:Googleマップ

ページトップに戻る