TOP備前県民局エリアの地名の由来>吉備中央町・加茂川地域

地名の由来:加茂川

地名の由来

 加茂川町は賀陽町との合併で吉備中央町となった町で、現在の吉備中央町の加茂川地域に相当します。
 地名は、昔は加茂郷と呼ばれた地域だったことに由来します。
 川が加えられたのは、川という文字に、清らかさ、美しさを投影し、いつまでも続く流れのように町の長く続く繁栄への願いを込めたものです。

 平成の大合併で津山市へ編入された町の中に『加茂町』があります。

 よく似た名前ですが、こちらは1924年に加茂町となっており、1955年に出来た加茂川町よりも先に誕生しています。
 ルール上では郡が異なれば同じ町名が県内に存在しても構いませんが、混乱を避ける為に伝統的な地名である『加茂』に『川』をつけたのかもしれませんね。

ハ~トオブおかやま

 加茂川町は先述の通り、賀陽町との合併で吉備中央町となりました。
 吉備中央町という町名は、岡山県の中央部に位置することから付けられた名称ですが、加茂川町時代にも岡山県の中央に位置する事を売り出していました。

 その際のキャッチコピーが【ハ~トオブおかやま】です。
 岡山県の中心部にあるという意味等が込められていた言葉です。


 -戻る-


写真:上田東にあるかもがわ総合スポーツ公園
写真撮影:Googleマップ

ページトップに戻る