TOP備前県民局エリアの地名の由来>和気町加三方

地名の由来:加三方

地名の由来

 和気町に加三方という地名があります。
 金子山の山裾に広がる、農業が盛んな地域です。

 パッと見ただけでは、読みづらい難読地名ですが、【カミガタ】と読みます。

 この言葉やカミガタという読み方に意味がある訳ではなく、過去に行われた合併の際に誕生した合成地名です。

 1875年に壁村、三宅村、大方村の三つの村が合併した際に、それぞれから一文字ずつ採って、加三方という地名になりました(※壁村は加の文字)

合成地名とは

 合成地名は合併で新しい地名を作る際によく用いられる手法です。
 それぞれの地域の文字を一文字ずつ採って新地名を作り出す手法の為、対等な合併の際に用いられる事が多い方法です。

 県内には他にも、多くの合成地名があります。
玉野市→玉村+宇野村
赤磐市→赤坂郡+磐梨郡
加賀郡→賀陽町+加茂川町
真庭郡→真島郡+大庭郡    …等です。




 -戻る-


写真:加三方の風景
写真撮影:Googleマップ

ページトップに戻る


00.