TOP備前県民局エリアの地名の由来>貝殻山(岡山市~玉野市)

貝殻山から見る夜景

地名の由来:貝殻山

景勝地・貝殻山

 風光明媚で、瀬戸内海の島々が一望できる貝殻山
かつては その景観の良さと豊かな自然を利用し、貝殻山市民憩の森として整備されたハイキングコースとして市民から親しまれたスポットでした。(現在は一部が私有地となっているので、ご注意下さい)

 ごく近い距離にある金甲山と並ぶ景勝地です。

地名の由来

 地名は頂上に貝塚がある事に由来します。

 貝塚と言えば、大昔の人たちが食べたものなどを捨てていたゴミ置き場の事で、貝殻などが中心として出土する事から、『貝塚』と呼ばれています。
 要するに、貝殻が出土した山だから、貝殻山…なのです。

 弥生時代の名残を残す高地性集落の跡は『貝殻山遺跡』として、当時の生活ぶりを現在に伝える貴重な情報源となっています。

 また瀬戸内海国立公園の「光南台」に含まれる地域でもあります。



 -戻る-


写真:人絹道路の風景
写真提供:プランク様

ページトップに戻る