何気なく呼んでいる地名の由来、見つけました。

    地名の由来:加賀郡

瀬戸内市豆情報

加賀郡:2004年10月1日誕生(写真は吉備高原都市)
含まれる町:吉備中央町

関連HP:吉備中央町公式HP

写真提供:岡山県
 レア?新設された郡
 吉備中央町が属する『加賀郡』は、賀陽町と加茂川町二町の合併し、新しい町が誕生するのに伴って新設されたものです。

 平成の大合併の際には、町村が集まって新たに市へと変わっていくなどして『郡』が消滅するケースが多く見られました。(※郡に属するのは町村のみ)
 その中での郡の新設は、実は全国的にも珍しいケースです。

 賀陽町が属した上房郡も、加茂川町が属した御津郡も、平成の大合併の際に、属する町が無くなった為に消滅しています。

 郡名の由来
 さて加賀郡の名前ですが、これは二つの町が集まって出来る新町の名称を公募した際に人気の高かったものを郡の名称として採用したものです。
 町名は吉備中央町に決定したので、有力候補を郡にしたのです。

 地名の由来は賀陽町と加茂川町の頭の一文字を取ったことです。
 対等合併の際によく見られる合成地名なのでした。

- 戻る -


ページのトップへ戻る