TOP備前県民局エリアの地名の由来>岡山市中区門田屋敷


地名の由来:門田屋敷

門田の地名の由来

 岡山市中区門田屋敷の地名の由来を説明する前に、まず門田の地名についてご紹介していこうと思います。
 門田屋敷の門田というのは、個人の名前を由来とするものではなく、周辺が元々は門田村という村だった事に由来しています。

 玉井宮東照宮の門前に広がる農村であることから、門田という地名が生まれました。
 門田屋敷の門田は、ここに由来しています。

門田屋敷の地名の由来

 前述の通り、周辺は農村でしたが、岡山藩主として池田光政さんが訪れた辺りから周辺の様子が変わっていきます。
 武家屋敷や侍屋敷がこの地に建てられる事になったのです。
 その為に元々住んでいた農家は移転させられる事になり、武士の住宅が立ち並ぶエリアが門田屋敷とされたのです。

 なので、門田に出来た武士の屋敷が立ち並ぶ一帯ということで、門田屋敷の地名が生まれたのです。




 -戻る-

関連リンク


写真:門田屋敷周辺の風景
写真:Googleマップ

ページトップに戻る